『一回裏無死満塁の愛』
アロッタファジャイナ番外公演『クリスマス、冬の演劇祭』@渋谷ギャラリールデコ。
一日6組による6公演という、大変精力的な、演じる方も観る方もなかなかにナカナカな公演の中のひとつ、新津組公演『一回裏無死満塁の愛』。

前回8月末の番外公演の新津勇樹さん、西島巧輔さんに加え、今回から女性メンバー森田ゆきさんをむかえた3人のユニットによる公演。

今回も笑いあり笑いあり笑いありで大変楽しめました(笑)。
人間が3人いればそこには最小の社会が生まれます。ぐっと場面が広がります。そしてその内ひとりは女性(それも結構かわいい!)となればその可能性は、無限大にほんの少し足りないくらいにまで、ものすごく広がります。
その広がりが、観客を、劇場を大きく包み込み、安心して?笑える空間を作り出していました。

2回観ましたが、この先、ああなってこうなるんだよな。と想像するだけで笑いがこみ上げてくるという、先が見えちゃう絶望感とは無縁の、むしろ先走って吹きだしちゃってごめんあそぁーせ的優越感にも浸れる、2回目の方がより一層面白いという、まれに見るお笑いライブ(といっていいのかな?)でした。

前作に引き続き買いますよ。DVDでたら。


and Peace!
[PR]
by hajimechan74 | 2007-12-19 13:16 | 舞台映画鑑賞
<< 『スノーグレーズ』 『青い雪、カナヅチで叩いたら割... >>