『キル』
12月19日。NODAMAP第13回公演『キル』@Bunkamuraシアターコクーンを
観に行きました。

昨年夏ごろ、明日カツ丼!企画第三回公演として観た『キル』。
初めて舞台で生でみた野田戯曲がこれでした。
ところが、なんとなくの筋立ては覚えているのですが、ほとんど記憶にない。
別に、アシカツがどうこうではなくて、純然たる記憶力の問題。
カナリ忘れっぽくなっているのです。
だから、例えば何回目かにみるテレビの映画も毎回結構楽しめちゃったり
するのです(なんてことを前にも書いたような気がしないでもない。ってことさえも
覚えてない^^;)。

そういう訳なので、今回もわくわくしながら観れちゃいました。

劇場も大きければ、セットも衣装も、キャストも豪華。
そしてやっぱり野田秀樹の、あるいはあの、ハイトーンボイス。
結髪(ケッパツ)とバンリが裏の主役だよねやっぱり。などと思いつつ、
アシカツの時のことも徐々に思い出しつつ。

最後に広がる、壮大な(自粛)。

そうだったそうだった。ここは感動的だったよ。
でも、ここだけの話、この最後んところはアシカツの方がよかったっぽくない?
そういえばあの時は、知っているヒトも出てたし、舞台と客席がものすごく近かったし、
そんなわけで演者の熱気がカナリのものとなって伝わってきてたし、
それから、初めて観た野田戯曲だったわけだしね。
だから、これがいわゆる、
Original is Best!
ってことなんだロウ。


。。。あれ?!


and Peace!
[PR]
by hajimechan74 | 2007-12-21 15:32 | 舞台映画鑑賞
<< たんせきのその後。 『スノーグレーズ』 >>